飽き性でも大丈夫、私のダイエット法

小さい頃からぽっちゃり体型だった私も、20歳になって彼氏ができ、ダイエットを決意しました。

しかし、飽き性で面倒くさがりな性格の為、流行りの食事制限やエクササイズはなかなか続きませんでした そこで行ったダイエット法が、言い聞かせその日の気分でダイエットです。

まず、言い聞かせですが、これはなりたい目標体重を1日何回も言い聞かせるだけです。

「私は45キロになる」と言うのを好きな時に好きなだけ、心でつぶやきます。

とても簡単です

さらにその日の気分で今までに見たり、聞いたりしたことのあるダイエットを行います。

お風呂上がりに二の腕のストレッチを行ってみたり、寝る前に足のエクササイズを出来る回数だけ行ったりします。

また、今日はごはんを3分の1減らしても大丈夫そうだなと思ったら減らしてみたり、サラダから食べた方が痩せそうだなと思った時は食事の順番を意識してみたりします。

体重計に乗るだけの日もあります。

制限やルールは一切ないので、いつの間にかやめてしまったということもありませんし、自分のなりたい目標は常に言い聞かせて痩せる事を意識していますので、少しずつではありますが、体重の減量に成功しました。

私は60キロから最高で44キロまで体重が落ちました。

とても簡単に、気の向くままに出来るので、ぜひ、試してみてください

http://xn--u9jk9llag3gp8hyf2fqdv422freye.com/

日常生活を見直して、無理の無い健康管理を行いましょう

根本的な健康管理は食事から 若いうちは大丈夫と思っても、毎日の不摂生が後に重大な病気を引き起こすことはよくあります。

特に糖類とアルコール類の過剰な摂取は、健康に悪影響を及ぼします ですが、なかなか好きなものを控えることは難しいかもしれません。

根本的な健康管理を行うためには、食事を管理することから始めるのが最も効果的です。

ところが、重大な病気に掛かってしまってからでは、食べたいものを制限される恐れもあり、逆にストレスを感じてしまい、別の病気を併発する場合もあります。

食事を管理する上で大事なことは、毎日のリズムを整えることです。

1日3食とる必要はありませんし、間食や飲酒もほどほどにしていれば問題ありません。

決まった時間に食事をすることで、体内のリズムを整えることが大切なのです これなら我慢しなくてもよいことも多く、誰でも簡単に始めることができます。

睡眠の直前の飲食は控えましょう 食事のリズムを整えるうえで、睡眠の直前の飲食だけは避けましょう。

これだけは必ず守ったほうがよいです。

睡眠前に食事することで、「胃腸が弱くなる」「睡眠が浅くなる」などの悪影響があります。

おなかが減っても寝る前の食事は止めましょう。

百害あって一理なしです どうしても我慢できなくなったときは、少量の水を口にするなど工夫をすると良いでしょう。

絶対に損をしない引越し業者の選び方

ダイエットは無理な運動よりも食事改善で体の中から綺麗になる!

女として生まれたからにはいつまでも美しくありたい、これは女性の本能といっても過言ではありません。

ただでさえ脂肪を蓄えやすい女性の体ですが最近は働く女性のストレスよる過食や偏食による肥満が増えているようです。

そこへ急に激しい運動や無理な食事制限を入れても長く続かないだけでなく、リバウンドや体を壊してしまう恐れまであります。

では、どのようにしたら良いか? 私が考える一番の近道は食事による体質の改善です。

体質改善とは何を指すのかというと基礎代謝を高めることです。

基礎代謝とは生命維持に使われるエネルギーを指し、1日に消費されるエネルギーの約70%を占めています。

よく耳にする代謝が良い体とは食事をエネルギーとして効率よく燃やせる体のことで、代謝が良い人は太りにくい体ということになります。

逆に代謝が悪い人は脂肪を溜めやすいということです。

基礎代謝を上げる方法は食事の改善と筋力をつけることです。

代謝アップに必要な筋肉を作るのがたんぱく質です。

基礎代謝に使われる多くのエネルギーが筋肉に消費される為、筋力量を増やすことが代謝アップに繋がります。

主に肉や魚、卵などです。

また、体の80%を構成する脂質を取ること、これは細胞が正常に働く為に必要な要素になります。

たんぱく質は筋肉だけでなく皮膚や髪などをつくる材料にもなるので、こうした食事改善で体の中から綺麗になっていきますhttp://jidousyahoken-koushin.com/

年齢を気にして塩分控えめに

“私は比較的、食べる物に好き嫌いは無い方だと思っておりますが、妻が作ってくれた夕食で、「何となく食べたくないな」と思うものがあります。
食べ物というか、献立の中に「甘いもの」が入って入るのは嫌です。例えばカボチャの煮物であるとか、嫌いなものの定番の、ポテトサラダにりんごや酢豚にパイナップルなどは食べられなくはないですが嫌です。
そもそも、私の好きな食べ物は、総じて「しょっぱいもの」が多いです。醤油やソースなどの調味料は好きだし、カレーや生姜焼きなどの味の濃いものが好きです。子供の頃から、親に「腎臓病になるよ」と言われていたくらいです、最近では、年齢的にも塩っ辛いものを控えるようになってきたように自分では思っています。野菜サラダにはマヨネーズやドレッシングをたっぷりかけていたのですが、最近では酢と塩少々で食べています。
子供が小さいので、外食でよく行くのは、ファミリーレストランです。”

私の毎日の食生活について

最近の朝ごはんは食パンにイチゴジャムを塗って紅茶と一緒に食べることが多いです。昼食はそうめんやそばなど食欲がない時でも食べやすいものを摂るようにしています。
夕食は、体力をつけるために豚キムチや魚などを摂るようにしています。
私はイタリアンが好きなので、パスタやピザをよく食べます。
カレーも大好物なので自宅では普通のカレー、外ではイエローカレーなどを食べる事が多いです。
嫌いな食べ物は肉ですが、少しの量でも食べれるように心がけています。
脂っぽい肉は特に苦手なので、ささみなどの脂の少ない肉を選ぶようにしています。
最近は暑くなってきたので冷たい物を摂りがちですが、冷え性なのでなるべく温かい食べ物や飲み物を摂るように心がけています。
よく食べに行くお店のランチではサラダ、パスタ、スープ、デザート、飲み物がついて千円なのでお得です。”